座っているとわき腹が痛くなる男性の話

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

わき腹に痛みが出ている場合

内臓の疲れや筋肉の疲れなどが考えられます。

 

内臓の疲れの場合

胃が荒れていたり

腎臓が疲れていたりといったところ。

 

あまりに痛い場合はまず病院に。

 

病院に行っても

特に原因はないといわれ

健康体と言われいるなら

筋肉の疲れを次に疑います。

 

痛みが出ているなら

わき腹の筋肉を考えますが

 

前後上下左右と

あらゆる筋肉が原因になっていることも。

 

 

今回の男性の場合

仕事で疲れすぎているので、どこも原因になりそうでしたが

強いて言うなら、ここが特に固いかも。

 

というのがありました。

 

 

なかなか改善しないような原因不明の

わき腹の痛みでお悩みでしたら

参考にしてみてください。

 


座っているとわき腹の痛くなる男性

吉田:

「こんにちは。お久しぶりですね。最近は体の調子どうですか?」

 

 

座っているとわき腹の痛くなる男性:

「先生こんにちは。前来ていた時の体の痛みはなくなって、ホントに感謝してるんですよ。最近また忙しくてこれなくて。なんかわき腹?が最近痛いことが多いんですよ」

 

 

吉田:

「良くなったのはよかったです。わき腹ですか?それはどんな風に痛いんです?」

 

 

座っているとわき腹の痛くなる男性:

「病院にいって検査もしてもらったんですが『胃が荒れてるね』くらいでほかに原因は特にないって言われたんです。座ってたりすると、鈍痛みたいな感じで痛くなって、気になるからずっと自分でも押してちゃうんですよね」

 

 

吉田:

「なるほど。指で押すと少しは楽になるです?」

 

 

座っているとわき腹の痛くなる男性:

「そうですね。ちょっと楽になるので、気づいたらグリグリと押している状態です。でもなかなか改善しなくて。」

 

 

吉田:

「それこそわき腹以外に痛みとか、気になることあります?」

 

 

座っているとわき腹の痛くなる男性:

「いや、ほかは全然ないんですよ」

 

 

吉田:

「そうなんですね。では、どこかに原因があるかもしれないので、探してほぐしていきましょう」

 

 

座っているとわき腹の痛くなる男性:

「よろしくお願いします」

 

 

~施術中~

 

 

吉田:

「痛みの出ているわき腹のほうなんですが、なんか股関節が固まっている感じありますね。」

 

 

座っているとわき腹の痛くなる男性:

「え?そうなんですか?」

 

 

吉田:

「なんでなのかわかりませんが、痛みの出ていないほうの股関節がこんな感じ」

 

 

(股関節を伸ばして伸びを感じてもらう)

 

 

 

吉田:

「んで、痛みの出ている股関節がこんな感じ」

 

 

(痛みの出ている股関節を伸ばすと)

 

 

座っているとわき腹の痛くなる男性:

「あ、なんか痛いです。股関節全体が痛い感じあります」

 

 

吉田:

「この股関節の固さが、わき腹の痛みと関係していそうですね。股関節がなんらかによって固くなると、骨盤が固定されるようになってしまい、周辺の筋肉が血流が悪くなり痛みになっているのかもしれません。とりあえず、全体的にほぐしてみますね」

 

 

~施術~

 

 

吉田:

「ではこれで座ってみてください」

 

 

座っているとわき腹の痛くなる男性:

「あ、来た時よりも全然楽です」

 

 

吉田:

「となるとやはり筋肉がなんらか関係していそうですね。でもお話を聞いていると、水分摂取も少ないと思うので取るようにすること。せめて一日で一リットルは水を飲みたいところです」

 

 

座っているとわき腹の痛くなる男性:

「そうですよね~。昔から人よりも少ないって言われているので気を付けていきます」

 

 

吉田:

「あとはたまにでもいいので、体をほぐしにきてくださいね」

 

 

 

座っているとわき腹の痛くなる男性:

「そうですよね。立った感じもかなり楽になったので、また来れるときます」

 

 

 

ここまでが

座っているとわき腹の痛くなる男性

とのやりとりです。

 

この男性の場合、内臓の疲れも考えられる状態でした。

 

病院にて内臓は大丈夫と言われていても

疲れは目に見えない状態で存在します。

 

お酒の飲み過ぎ、外食の多さ

水分不足。

など、バリバリ働く男性には多いのかもしれません。

 

病気ではないが

体の疲れは内臓にも蓄積されます。

 

 

次にあったのが筋肉の疲れ

体全体に疲れが溜まることで

筋肉が緊張を起こしてしまい

動きに制限が出てきます。

 

そうなると

痛みが出たり

動きがおかしくなったりします。

 

股関節を動かしたときの動きが明らかにおかしかったのと

痛みが出ていたのが原因の一つ。

 

 

これは、今すぐに修正ができないため

自宅でできるストレッチをお伝えしました。

 

どちらにせよ

体をゆるめて

痛みの出ない状態を多く作ることが

痛みを治す一歩になります。

 

 

なかなか改善しない

わき腹の痛みがありましたら

一度ご相談ください。

 

お待ちしています。

 

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

 

   

 院長の独り言『痛み』

いろいろな原因があるので、これ!というのは見つからないこともある。 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

夜9時まで受け付けしています。

日曜定休

 

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

【スクール案内】 

・自宅で開業したい

・週末副業で整体師になりたい

・体のための技術と知識が欲しい

整体師養成講座

 

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

履歴に残っていれば、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール 

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。

友だち追加

TOP <a href="/app/s7cfd2cd16d2a2c1b/p7880e72