慢性的な首、肩のコリは食いしばりが原因だった人の話

腰痛、肩こりを再発しないように治療しています。

名古屋伏見にあるmut吉田治療院の吉田です。

 

なかなか改善しない首や肩のコリ

 

運動不足や姿勢が悪いというのも

大きな原因かもしれません。

 

仕事柄、パソコンを使うことが多ければ

負担も増えるので

コリがなかなか改善しませんよね。

 

ですが

こんなところにも原因があったりするんです。

 

題名にもあるように

 

食いしばり

 

 

この問題を自覚している人

まったく自覚できていない人

 

ともに首や肩のコリが改善しにくく

なってしまいます。

 

今回はそんな

食いしばりが原因で

なかなか改善しない男性が

お見えになる話です。

 

 

食いしばりをやめるようにする方法なども

紹介していますので

参考にしてみてください。

 

 

 


首や肩のコリが慢性的な男性

吉田:

「こんにちは。今日はどうされましたか?」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「こんにちは。首や肩のコリがなかなか変わらなくて」

 

 

吉田:

「首や肩のコリですね。それは昔からですか?」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「そうですね。結構昔からだと思います。マッサージとか行くんですが、その場は良いんですがあまり改善にはなってなくて」

 

 

吉田:

「なるほど。となると日常に負担になるクセなどがありそうですね。腰や膝などは大丈夫ですか?」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「腰や膝などは大丈夫ですね。首と肩だけです」

 

 

吉田:

「仕事はパソコンなど多いですか?」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「いや、パソコンもありますが外に出ることも多いんで半々だと思います」

 

 

吉田:

「となると、常に姿勢を固定しているとかではなさそうですね」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「そうですね。運動してないんのがダメなんですかね」

 

 

吉田:

「運動はした方がいいですが、運動をしないとダメというわけではなと思いますよ。それこそほかに原因がありそうですね。ではまず原因がなにか探していきましょう」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「よろしくお願いします」

 

 

~検査中~

 

 

吉田:

「確かに固いですね~。歯ぎしりや食いしばりってありますか?」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「言われたことないのでないと思います」

 

 

吉田:

「そうなんですね。見た感じがちょっと顎の力が抜けてないんですよね。とりあえず、全体的に緩めていきましょう」

 

 

~施術~

 

 

吉田:

「ではまずこれで座ってみてください」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「あ、だいぶスッキリしてますね。」

 

 

吉田:

「いいですね。んでここからです、まず軽く噛みしめて左右を見てみてください」

 

 

(動いてもらう)

 

 

吉田:

「その動いたいときの首や肩の感じと、同じように口を開いた状態で左右を見てみてください」

 

 

(動いてもらう)

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「首の感じが全然違いますね。噛みしめると動きにくい」

 

 

吉田:

「そうなんですよ。同じ動きでも噛みしめるだけで、首や肩に負担になるんですね。では次に、一度口を開いてみて、閉じてください」

 

 

(動いてもらう)

 

 

吉田:

「今その状態で、上の歯と下の歯ってどこか一か所でも当たってますか?」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「奥歯が当たってますね」

 

 

吉田:

「なるほど。となるとそれが噛みしめ癖になるですね。」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「そうなんですか?」

 

 

吉田:

「教科書的にいうと、上の歯と下の歯って数ミリの空きがあるのが正しいですね。少しでも当たっていると噛みしめているのと同じになってしまい、歯の負担がでます。そこから先ほどのように、首や肩が動きにくいということがつながる。最終的には痛みやコリになっていくということなんですね」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「え~。となると、常に噛みしめてますね」

 

 

吉田:

「日常的に噛みしめているクセがあるので、マッサージにいってもすぐ元通りになってしまってたんですね。確かに筋肉はマッサージをしたら緩みますが、噛みしめを行っていたら、すぐ疲労が蓄積されますからね」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「あ~なんか納得できますね。今まで言われたことなかった」

 

 

吉田:

「そんなもんなんですよ。これからは噛みしめないようにしていきましょう」

 

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「わかりました。ほかにも気にした方がいいことなどありますか?」

 

 

吉田:

「噛みしめ癖のある人って多くは、食事で噛む回数が少なかったり、柔らかい物ばかり食べていることが多いんです。」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「確かに噛まないし、早食いですね。」

 

 

吉田:

「麺とかパンとかは柔らかくて噛む回数少ないし、早食いだと顎に負担をかける前に飲み込んでしまうんですね。そのため顎がストレスを感じやすくなり、動かしたくなるから奥歯で噛んでしまう。というのがあります。できれば、食事はゆっくりとよく噛んで、固いものも食べていきましょう」

 

 

首や肩のコリが慢性的な男性:

「ちょっとできるかわかんないですけど、意識してみたいと思います」

 

 

ここまでが

首や肩のコリが慢性的な男性

 

とのやりとりです。

 

常に気になる肩や首

原因は姿勢が悪かったり、運動不足だけというわけではありません。

 

なにか自分では気づいていないクセがあることで

コリになっているかもしません。

 

今回の男性のように

無意識に食いしばる

 

というのはよくあること。

 

日常的に

あなたは歯と歯が当たっていませんか?

 

もし当たっているようなら

当たらないように心がけてみてくださいね。

 

ほかにも

改善しにくい首や肩のコリがありましたら

 

一度ご相談ください。

 

お待ちしています。

 

 

 

 

当院では、鍼灸を使わないで体を治していく、独自のもみほぐしを行っています。

愛知県名古屋市、春日井市、一宮市にお住まいの方で

なかなか治らない症状がありましたら2万人の臨床経験がありますので

安心してあなたの悩みをお聞かせください。

 

 

【慢性的な痛みや不調がない体を作る3つの秘密を公開しています。】

是非メルマガ登録してくださいね。

 

   

 院長の独り言『久々に』

急いでご飯を食べたら、盛大に口の中を噛みました。皆さんはゆっくり食べてくださいね。 

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

夜9時まで受け付けしています。

日曜定休

 

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

 

【スクール案内】 

・自宅で開業したい

・週末副業で整体師になりたい

・体のための技術と知識が欲しい

整体師養成講座

 

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

履歴に残っていれば、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール 

 
LINEで24時間予約受け付けてます。友達追加からお願いいたします。

友だち追加