力仕事で筋力には自信があるが腰が痛いの歩いて良くする

肩こり、腰痛を全身を診て治療しています。

mut吉田治療院の吉田です。

 

デスクワークの腰痛と力仕事の腰痛は同じものなのか

 

一日中パソコンをするデスクワークは腰が長時間同じ姿勢で支えられるため腰痛になりやすいんです。

 

それと変わって、重たいものを持って体を動かす力仕事は腕や足の力を使い体を支えて腰痛になりやすい。

 

この二つの職業は全く違う仕事内容ですが、どちらも腰が痛くなるという共通点があります。

 

そして今日は、力仕事で筋肉には自信があるのに腰が痛い人はどうしたらいいのかをご紹介

 

腰痛には腹筋が必要だ!

 

なにかの謳い文句で聞いたことがありますが、正直なところ腹筋はそこまで必要ではありません。

 

背中側の筋力とお腹側の筋力が同じバランスだと、腰が痛くなりにくいというだけ

 

実際に、筋肉には自信がある人も腰痛になる人はいっぱいいます。

 

んじゃどうしろと!?

 

と思うかもしれませんが、

 

「筋力に自信のある人に重要なのは腰に負担にならないように動くこと」です。

 

筋肉に体を支える作用はなく、体を支えているのは筋膜といわれる筋肉の膜です。(他にもありますがざっくりと)

 

筋膜は筋肉を覆っている膜で、イメージ的には形状記憶メガネをイメージしてもらえたらいいと思います

 

フレームは金属でできているのに、グニャっと曲がってもある程度戻る。

(形状記憶合金は原子の配列がうんぬんかんぬん)

 

筋肉は体を動かすもので、体を動かしても元の位置に戻ろうとするのが筋膜

 

そこで筋力はあるけど腰痛の人は、筋膜が元の位置に戻ろうとすることができなくなっているんですね。

 

筋力があっても腰痛の人は体が固い!!

 

これは腰周りだけではなく、全身の筋膜が歪み固まっているので体が固いことが多いんだと思います。

 

ストレッチをしたらいいの!?と思うかもしれませんが、ストレッチは今回必要ありません。

 

なんか改善方法はないの?

 

あります!

 

一番簡単な方法は、大股で歩きましょう!

 

歩くというのは、実は全身使っているので筋膜がガンガン動くので、筋膜の戻るようになってきます。

 

歩くことも多いのに腰が痛いって?

 

それは、大股で歩いていないか腰を沿ってしまっているかもしれません。

 

大股で歩くというのは、股関節が「あーなんか伸びてるわー」

 

と思えるほど大股で歩く必要があります。

 

腰が反っているかもしれない人は、壁にカカトをつけて立ってみましょう

 

腰と壁のあいだに手のひらがスポっと入ったら反りすぎ

 

お腹に力をいれて腰と壁のあいだに手のひらが入るかはいらないかくらいになる感覚をつけてから

 

歩くと効果的です。

 

これでも腰が痛い人は、筋膜からくる痛みではないので、ほかの治療法がありますので不安にならずに一度ご相談いただければ、改善させていきます。

 

mut吉田治療院では、筋肉質な男性も全身を調整しながら腰痛治療をしていますので

 

なかなか、治らないと諦めている方は今すぐお電話ください(^O^)


本日は、夕方から空きがあります!

 

   

 院長の独り言『乾燥トマト』

嫁が実家で頂いてきたんですが、ぼくには使い方がわかりません

----------------------------------------------------------------------------------

名古屋中区栄 伏見駅から徒歩3分 mut吉田治療院 

不定休で、土日祝も夜9時まで受付しています!

 

肩こり、腰痛でお悩みの方は、鍼もみ(鍼灸師のもみほぐし)

小顔になりたい!お顔のしわ・たるみでお困りの方は、小顔になる美容鍼

体質改善には、美トレーニング

 

ご予約は電話かメールでお願いします。

 

院長 吉田勇気 

電話 052-684-7865

携帯 090-6619-7877

※院長一人でやっていますので、電話に出れない場合があります。

携帯の留守電に一言残して頂ければ、こちらから折り返し電話させていただきます。

 

メール